介護ホームを利用する場合、どうすればいいのか

main-img

介護ホームを利用する場合、何をどうすれば良いのかわからないと言う人も多いかもしれません。ただ結論から言うと、自分から動かなければ何ひとつ始まらないと言うのは確かなことです。

家族などに介護や行政の関係者がいると言う場合は別ですが、それ以外の多くの場合は、自分から動き出さないと、いつまで経っても介護ホームの利用には至りません。
では具体的には何をすれば良いのかと言うと、まずは役場の高齢福祉課などに出向いて、要介護認定の審査申請をするところから始めます。
介護ホームの利用に関しては、介護保険の被保険者であること、そして要介護認定、要支援認定を受けていることが必要です。

要介護認定、要支援認定と言うのは、介護保険の被保険者の心身の状態が、どれくらいの介護、支援を要する程度なのかと言うことを数値によって認定したものです。

待望の介護付き有料老人ホームに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

これを受けるためには、然るべき審査を受ける必要があります。
そのためまずは、その審査申請をすることが必要と言うことです。


申請が終了すると、実際の審査が始まります。主治医による診断書が必要になりますが、主治医がいない場合には、市区町村の指定医による診察を受けておく必要があります。この審査により、どの程度まで介護保険を利用できるかと言うことが決まります。

ですから、見栄を張って自分の状態を良く見せようとすると、却って自分の首を絞めることにもなるので注意が必要です。

日本経済新聞情報を豊富に提供しています。

審査が終了し認定が下され、それに納得できたら、ケアマネに介護計画書を作成してもらいます。


この際には、自分が利用したいと思う介護ホームのケアマネに依頼するのが基本です。


よって事前に、ある程度までは介護ホームに関する情報を収集しておくことが必要だと言えます。



なお、もし、認定結果に納得できなかった場合は、定められた期間内に申し立てをすれば、認定見直しの申請を行うことができます。

福祉の重要知識

subpage01

一般的に介護ホームといえば、介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホーム、あるいはグループホームをイメージするかもしれません。確かにマスコミや世間一般で取り上げられるのは、これらの長期居住型施設の場合が圧倒的に多いので仕方がないかもしれません。...

more

納得の知識

subpage02

急速に進む高齢化の波の中で、介護事業のニーズはますます増大する傾向にあります。それに伴い介護市場の成長も著しく、異業種や他分野からの新規参入が相次いでいる業界でもあります。...

more

サポート情報

subpage03

超高齢社会の日本では高齢者の人口もとても増え、介護ホームと呼ばれる施設もとても増えています。介護ホームが増える分だけ介護職の人手も必要となります。...

more

おすすめ情報

subpage04

人は自分が健康な時には、自分が健康でなくなった時のことなどはあまり考えない生き物です。ですから今、元気な人にとっては、介護ホームの存在も遠いものかもしれません。...

more