バーベキューの楽しみ方のポイントについて

バーベキューは管理施設で楽しむ方法も在れば、火気厳禁となっていない自然のフィールドの中で楽しむ方法が在ります。
夏になると、海や山などに出掛ける人も多くなり、自然の中での食事を楽しめるのもバーベキューの魅力になります。



管理施設などの場合は、釜戸が設置されているので火をつける事で直ぐに食材を焼いて食べることが出来ますが、自然のフィールドの中と言うのは、川の河原や海岸などの場所になるため、そこは自然な状態になっているので、ガソリンコンロなどの道具が無い場合には火をつけるための釜戸作りが必要になります。

滋賀のバーベキューについて分かりやすくまとめてあります。

尚、釜戸作りと言うのは周辺に落ちている石を拾集める作業が必要になりますが、木炭や薪などが無い場合には木の枝などを拾い集めておく必要が在るなど、自然の中で必要なものを集めると言う楽しみが在ります。

京都のバーベキューに関してお困りですか。

石には高温度になる事で割れてしまう性質のものと、レンガのように高温度でも耐える事が出来る石が在りますが、黒い燃えカスが付いているような石は、以前釜戸で利用されていたものなので、釜戸で再び使う事が出来る石でもあるわけです。

バーベキューの肉に関する特集の情報が満載です。

大きな石を適量集めてから、コの字型に石を積み上げていく必要が在りますが、この時鉄板や網を載せるのに最適な大きさに釜戸を作る事が大切で、あまり大きく作ってしまうと、鉄板が乗らない、網がかからないと言う事もあるので、最初に釜戸の大きさを決める事が大切です。拾い集めて来た石をコの字型に積み上げますが、この時上に乗せる鉄板や網が水平を保つようにすることがコツです。



斜めになっていると鉄板の重みなどにより積み上げた石が崩れて来ることも在るため、小さな石を利用するなどして高さを均一にすることが釜戸作りのコツでもあるのです。


尚、釜戸に使った石は、最後に元の場所に戻すと言うのがアウトドアの基本でもあり、そのままの状態で放置することはマナー違反なので注意が必要です。また、木炭や薪などが在れば、直ぐに火をつけることが出来ますが、全てを現地調達と言う拘りの在るバーベキューを楽しむ場合は、周辺に落ちている木材を拾い集める必要が在ります。

山の中などの場合は、山道を探し回れば幾らでも木材を集める事は出来ますが、木材を集める時のポイントは乾燥している木材を集める事で、木の枝の中には折れて間もない生木も在り、このような木材は燃え難いので、乾燥している木材を集める事が大切です。


釜戸に木材を入れる時には、空気が入り易くなるように、木材を井桁の形にしておくことが大切で、着火は新聞紙などを利用して種火を作ったり、固形燃料などを使って着火をして在る程度木材に火が回るようになった段階で、他の木材を中に入れて火力を調整する事、そして団扇を使って空気を送り込む事で燃えやすくなるため、内輪はバーベキューを楽しむ時のアイテムの一つですし、軍手や固形燃料なども必須グッズでもあり、バーベキューを楽しむ時には用意しておきたいアイテムです。

https://4meee.com/articles/view/503392
http://girlschannel.net/topics/keyword/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E8%B6%A3%E5%91%B3
https://iemo.jp/18154